Back

Roll Wall House

物件名  Roll Wall House
所在地 東京都足立区
主要用途 一戸建ての住宅
発注者 個人
用途地域 第一種住居地域、第三種高度地区、防火地域
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上2階
最高高さ 3.715メートル
最高軒高 3.578メートル
前面道路 東側6.00メートル
敷地面積 230.89平方メートル
建築面積 113.85平方メートル
延床面積 180.58平方メートル
設計期間 2007年4月1日〜2007年12月28日
工事期間 2007年12月29日〜2008年8月11日
担当 中佐昭夫、遠藤千裕
構造設計 草間徳朗/草間構造設計室
設備設計
掲載 『建築知識』 2013/10月号 エクスナレッジ
『こだわりのデザイナーズ住宅
NIKKEI 住宅サーチ
写真 矢野紀行

1枚の長い壁をぐるぐると2回転半、巻いてつくった住宅。
エントランス・ギャラリー・リビング・ダイニング・キッチン・和室・中庭・などの空間を、巻いた壁に沿って配した。それら空間と壁の関係は、ちょうどロールケーキのクリームと生地の関係に似ている。

建て主は夫婦2人で、子供が3人いるが、それぞれすでに結婚して独立している。だから部屋数はそんなに要らない。その代わり、収集した美術品を飾りたい、来客が多い、広いキッチンがほしい、親族であつまってにぎやかに過ごしたい・・・色々な要望があった。それらを空間に置き換えて、長い壁で巻いて、ひとつにまとめている。

壁の外側はタイル張り、内側は塗装。壁に対して、窓は角型に開け、ドアはアーチ型に開けた。中庭に面した窓からは「半巻き先」のタイルや塗装が見え、ドアを抜けると「ひと巻き先」の空間へ近道できる。

壁はエントランス部分が最も高くてパラペット上端が9m、そこからだんだん下がっていって、最後の中庭部分では7.5mになる。中庭の採光を考えるとパラペットは低いほうがいい。それが結果的には、単調な箱型になりそうだった建物外観に微妙な変化を与えている。

-中佐昭夫-

Back