Back

成瀬くりの家保育園別棟
あとりえ・りいず

物件名  成瀬くりの家保育園別棟 あとりえ・りいず
所在地 東京都町田市
主要用途 幼稚所
発注者 社会福祉法人東香会
用途地域
構造 木造
階数 地上1階
最高高さ
最高軒高
前面道路
敷地面積
建築面積 55.48平方メートル
延床面積 55.48平方メートル
設計期間 -年-月-日〜-年-月-日
工事期間 -年-月-日〜2007年3月2日
担当 中佐昭夫
構造設計
設備設計
施工 大倉建築
写真 ナフ・アーキテクト&デザイン

「あとりえ・りいず」は、町田市にある「成瀬くりの家保育園」の別館。保育園が裏手の隣地を入手したのをきっかけに、その隣地に建っていた木造平屋の建物を改装したものだ。

裏手といっても、隣地は保育園より一段高くなっていて、日当たりがとてもよい。保育園の庭が手狭になっていたので、園児たちの新たな遊び場をつくるべく、木造平屋の建物だけではなく、隣地にあるものすべてを使って計画をしようと考えた。

隣地中央に植えてあったみかんの木を取り込んで東西に長いデッキを作った。するとデッキの南側に庭/北側に建物、の配置になる。もともと庭にあった小さな畑や樹木はそのまま残した。建物は壁を取り払って柱や梁を露出させた。

建物内には、デッキに面した開放的な空間、スギ板縦張りの壁に覆われた閉鎖的な空間、性格の違う2つの場所をつくった。開放的な空間はデッキと一体で使えるアトリエとし、閉鎖空間の中には隠れ家として遊べるロフト・倉庫・トイレを納めた。

その結果、隣地内には南から北へ向かって、
1)庭 →2)デッキ →3)室内:開放的 →4)室内:閉鎖的
という4種類の場所ができた。
それぞれの場所を、季節や天気に応じて組み合わせ、あるいは使い分けることができる。

-中佐昭夫-

改装前/before
改装前/before
Back