WORKS

back
spacer spacer spacer spacer
物件名  C.U.T
所在地 東京都品川区
主要用途 共同住宅
発注者 東京電力株式会社
用途地域 -
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上3階
最高高さ -
最高軒高 -
前面道路 -
敷地面積 -
建築面積 252.59平方メートル
延床面積 334.37平方メートル
設計期間 2005年4月1日〜2005年10月19日
工事期間 2005年10月19日〜2006年3月24日
担当 中佐昭夫、和田学治
構造設計 草間徳朗/草間構造設計室
設備設計 -
施工 リオ
賃貸仲介 リネア建築企画
掲載 『pen』 2007/4/1号 阪急コミュニケーションズ
『BRUTUS』 2006/11/15日号 マガジンハウス
『日経アーキテクチュア』 2006/6/26日号 日経BP社
『LiVES』 2006/JUN&JUL号 第一プログレス
『pen』 2005/10/15日号 阪急コミュニケーションズ
『日経アーキテクチュア』 2005/10/3日号 日経BP社
写真 大竹静市郎


東京電力が所有する築44年の社宅を賃貸マンションとしてリノベーションするプロジェクト。
この建物は変電所と塀を隔てて隣接する敷地に建っている。住宅の過密化が現在のように進行していない時代につくられたため、いくつかの注目すべき長所がある。

・ 各住戸とも採光面積が多い(=室内が明るく風通しがよい)
・敷地内の空地に余裕がある(=建蔽率が低い)
・部外者の立ち入りを規制している変電所に近接しているため、必然的に建物周辺のセキュリティが高くなる

古い建物ならではの短所もあるが、新たな機能とプランニングを導入して、現代的な用途に応える賃貸マンションへ生まれ変わらせる。

・敷地内空地を「オープンスペース」として開放し、2・3階への専用階段を設置。1階住には戸賃貸住宅でありながら戸建て住宅のような庭とアプローチを設置。
・室内は構造体以外の壁を取り払ってプレーンな空間に。住み手がアレンジを楽しめるように、照明器具、カーテン、フックを自在に取り付けられる「F-TUBE」を用意
・単身者〜dinks、およびsoho利用を想定。オール電化採用

最寄り駅から徒歩3分の立地にあるこの建物は、社宅としての使命を終え、高い塀に囲まれてひっそりと無人化していた。それをスクラップ&ビルドするのではなく、リノベーションすることによって生き長らえさせる。電力会社という公益性の高い企業が、自社の眠った資産を開放することで、「電力供給」とは違ったカタチの社会公益に取り組むプロジェクトである。

−中佐昭夫−

改装前/before




改装前/before


改装前/before






back